貸し借り指南著|友達にお金を貸してくれと言われたらどうする?

友達がお金を貸してと言ってきた!ヤバい

友達からお金を貸してと言われたことがありますか?
実は結構な割合で、「お金を貸して」と言われたことがある人がいるようです。
中には、ある友達にお金を貸したら返済途中でまた「貸して」と言われて、貸してしまったという人もいます。
既に、友達からATM扱い?されているのではないか?という人もいるようです。
そんな人も、これまで貸したことが無い人も、多くの人は友達にお金を貸したくはないと思っています。
もちろん、私もそんなひとりですし、これまでお金を貸してと言われたこともあります。
私の場合はもちろん断りましたけどね。

 

まずは、簡単にお金は貸さない方がいいです。
それは、すぐにまたお金を貸してと言われますし、貸した方もいつ返してくれるか?なんて考えてしまうからです。
もし、仮に貸すようなことになれば、貸すのではなく、あげるつもりがいいでしょう。
そして、それは最初で最後にすることが大切。
1回だけお金をあげた(おごった)と思うことが大切なのです。
できれば、お金を貸すのではなく、お金をどうやって工面するか?そのことを教えた方がいいかもしれません。
知恵を与えるということは、その人のためにもなりますし、あなたとその友達の関係もおかしくせずに済むかもしれないからです。
・・・といいますか、そうしましょう。友達同士でお金の貸し借りはしない方がいいですよ。

 

カードローンのことを詳しく 

もし相談にのるならカードローンをすすめるのもあり

参考サイト:カードローンの審査
知り合いにお金を貸してと言われたらこのサイトを紹介してあげましょう。

みんな友達にお金を貸しているの?

友達にお金を貸してといわれてどうするか?
お金を貸すという人の割合、やはり男性の方が多い気がします。
男性同士の付き合いそのものが、お金を貸してと言いやすいというのもありますし、銀行や消費者金融も女性より男性のお客様が多いことからも分かります。
では、お金を貸したくない場合にどうやって断るといいのでしょうか?

お金が貸したくない時の断り方

給料前で・・・と断る。

友達に給料日を知られていない場合には使える方法です。

 

実は、私も誰かにお金を借りたいくらいで・・・と断る。

お金がないアピールをするのもひとつの方法でしょう。

 

今、〇○○を買うためにお金を貯めている・・・と断る。

車や留学費用など高額なものをにおわせるといいでしょう。

 

私は誰にもお金を貸さないことにしている・・・と断る。

これができれば一番いいのですが・・・友達がいなくなると言えない人が多いようです。そんなことを考えなくてもいいように強い人でいたいものです。

 

私の方が実は借金している・・・と断る。

どこに借金しているのか?と突っ込んで来そうにない友達であれば使える方法でしょう。

 

いいよ、これあげるよ。とお金を出す。その代わりにもう友達じゃありません〜と言う。

お金もあって、借金をお願いするような友達ならいらない!と、信念を持つ人にはピッタリでしょう。

闇金や街金だけは勧められない

友達にお金を貸してはあげられない(自分もお金がないですし)場合、その他の方法でどうにかお金を工面する方法を伝授することはできるでしょう。
長い目でみれば、この方法を伝授する方がその友達のためになるのかもしれません。
いや、確実に友達のためになります。

 

お金借りる経験をしたことが無い人はどうやってお金を借りればいいのかさえ分かっていない人もいるようです。
そのような人には、最低限度このような場所ではお金を借りてはいけない、というような場所について教えることが大切です。
まずは、絶対にダメなことを伝えることがどうしてここまで大切なのでしょうか。
それは、最初に教えられたことって基本となりますから、結構記憶に残るからなのです。
ですから、闇金や街金でお金を借りてはいけないということを教えましょう。
そして、いかにも闇金であれば近寄らないものですが、そうでない分かりにくい街金についてが難しいと思います。
いわゆる、CMなどしていない聞いたこともないところからお金は借りないように伝えることが大切です。

 

一般的な街金とは?

  • 大手と似たような名前なので間違いやすい
  • 受付の人が意外と親切なので間違いやすい
  • 雰囲気もこぎれいにしていて間違いやすい

・・・と、いろんな間違いやすさはあるとは思いますが、やはり聞いたこともないところはダメだということでしょう。

消費者金融がお勧め?

闇金や街金はダメだということは一番大切なことと思いますが、その他にも伝えなければならないことがあります。
それは、どこで借りるのがいいのか?ということでしょう。
まずは、その友達がいつお金が必要なのかを聞いてみることが大切。
今日の今日であれば、やはり消費者金融をお勧めすることになりますし、そこまで急ぎでもない(来週とか来月とか)場合は銀行がお勧めでしょう。

 

急ぎの場合

急ぎの場合、例えば今日の夕方というような場合に、まだ午前中であれば消費者金融で借り入れ申し込みに間に合います。
パソコンやスマホがある環境であれば、審査をすぐに受けることができます。
審査の方法はそれぞれ違いがありますが、免許証や保険証などの本人の身分を証明するものは絶対に必要です。
また、銀行口座が必要になる場合もあります(借り入れ先により違う)
パソコンやスマホですべてを行えるということを教えましょう。

 

急ぎでない場合

急ぎでない場合、どこから借り入れするか考える時間があります。家族に絶対にばれたらいけないのか?在籍確認(会社勤務の場合は)はあるのか?いくらまで貸してくれるのか?
それぞれで求めている条件は違うとは思いますが、絶対に譲れない条件があればそれに対応する消費者金融があります。
何もこだわりがなければ、金利で見てみるのも一つの方法でしょう。

銀行がお勧め?

闇金や街金は論外ですが、急いでいるときにはやはり消費者金融の方が即日融資可能という場合が多いのでお勧めするという方向になりますね。
急ぎでない場合は、金利で選ぶという方法もあります。金利で選ぶのであれば、銀行のカードローンがおススメです。
銀行は消費者金融より金利も低いですし、借り入れ額も高額融資してもらうことも可能です。
それは、銀行が総量規制対象外だからです。

 

総量規制とは?

簡単に言えば、年収の3分の1までしか借り入れができないというきまりのことをいいます。例外事項もありますが、年収300万円の人であれば100万円までしか借りられないという制度を指します。
銀行は、この規制の対象外ですので気にすることなく借り入れもできますし、金利も低く設定されています。

 

実は、即日融資が可能な消費者金融は便利ではありますが、総量規制対象となっているので、年収の3分の1までしか借り入れはできません。
金利も高いのであまりに高額融資を受けてしまうと返済不可能となることから、この法律が制定されたのです。
闇金や街金に関しては、規制なんて全く頭になく、借りた額より2倍3倍の返済を迫ってくることもあるのでこの法律以前の問題です。